利用規約

本契約の適用

第1条 

1. 簡易宿泊施設「いっぱく」―以後「当施設」と言う― の締結する宿泊約款及びこれに関連する契約は、

この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については法令又は一般に

確立された慣習によるものとします。

2. 当施設は前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応ずるこ

とができます。

宿泊契約の申込み

第2条

1. 当施設に宿泊申し込みをしようとする方は次の事項を当施設へ申し出て頂きます。

(1) 氏名、住所、年齢、電話番号、性別、職業、到着日、出発日、前宿泊地、後行先

(2) 日本国内に住所を持たない外国人の方は(1)の項目に加え、国籍、旅券番号

(3) その他、当施設が必要と認めた事項

2. 宿泊者が宿泊中に前項(1)の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合当施設はその申し出がなされた

時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとします。

3. 18歳未満及び20歳未満の高校生のみのご宿泊は、保護者の同意書が全員分必要となります。

小中学生の利用は20歳以上の同行する責任者と保護者同意書が、責任者が保護者の場合を除く全員分

必要となります。

宿泊契約の成立等

第3条

1. 宿泊契約は、当施設が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。

2. 前項の規定により宿泊契約が成立した時は期間を定めて、宿泊期間の宿泊料金を限度とする予約金の

支払いを求める事があります。

3. 前項の予約金は、違約金が発生した場合には違約金に充当します。

宿泊引受けの拒絶

第4条

1. 当施設は次に掲げる場合において、宿泊契約に応じないことがあります。

(1) すでに予約が入っており、客室がないとき。

(2) 宿泊しようとする人数が6名以上(小人含む)のとき。

(3) 宿泊の申込みがこの約款によらないものであるとき。

(4) 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反

する

行為をするおそれがあると認められるとき。

(5) 宿泊しようとする者が、以下に該当すると認められるとき。

  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)

第二条二号に定義する団体(以下「暴力団」という)、

暴力団の構成員(以下「暴力団員」という)、暴力団凖構成員又は暴力団関係者、

その他の反社会勢力。

暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体。

法人でその役員のうちに暴力団員に該当するものがあるとき。

(6) 宿泊しようとする者が、伝染病であると明らかに認められるとき。

(7) 宿泊しようとする者が、当施設もしくは当施設職員に対し暴力的要求行為、あるいは合理

的範囲を超える負担を要求したとき。

2. 当施設は前項の規定に基づいて宿泊予約を解除した場合、宿泊サービス等の料金は頂きません。

2 予約の解除

第5条

 1.宿泊客は、当施設に申し出て宿泊契約を解除することができます。

 2.当施設は宿泊客の事由により宿泊契約の全部または一部を、宿泊の前日または当日に解除した場合に

は 違約金として、宿泊料金の100%を申し受けます。

   

当施設の契約解除権

第6条

1. 当施設は以下の場合において宿泊契約を解除することがあります。

(1) 宿泊客が、6名以上(小人含む)のとき。

(2) 宿泊客が、宿泊に関し、法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為を

するおそれがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。

(3) 宿泊客が、以下に該当すると認められるとき。

  暴力団、暴力団員、暴力団凖構成員又は暴力団関係者、その他の反社会勢力。

暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体。

法人でその役員のうちに暴力団員に該当するものがあるとき。

(4) 宿泊客が、伝染病であると明らかに認められるとき。

(5) 宿泊客が、当施設もしくは当施設職員に対し暴力的要求行為、あるいは合理的範囲を超

える負担を要求したとき。

(6) 天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。

(7) 当施設が定める利用規約の禁止事項に従わないとき。

2. 当施設は前項の規定に基づいて宿泊予約を解除した場合、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サー

ビス等の料金は頂きません。

宿泊の登録

第7条

4. 宿泊者は宿泊日当日、当施設のフロントにおいて次の事項を登録して頂きます。

(1) 氏名、住所、年齢、電話番号、性別、職業、前宿泊地、後行先

(2) 日本国内に住所を持たない外国人の方は(1)の項目に加え、国籍、旅券番号

(3) 出発日、出発時刻

なお宿泊者名簿の正確さを期するため、旅券等身分証の呈示をお願いしております。

宿泊施設の利用時間

第8条

宿泊客が当施設を使用できる時間は午後2時から翌朝10時までとします。ただし、連続して宿泊する場合

おいては、到着日、出発日を除き終日使用することができます。

料金の支払い

第9条

料金の支払いは、インターネットの旅行サイトからの予約時、または当施設に到着の際または当施設が

請求した時にフロントで現金またはクレジットカードにより行っていただきます。

ハウスルール(利用規則)の遵守

第10条

 宿泊者は当施設のハウスルール(利用規則)に従っていただきます。利用規則に従わない為に発生した事故

関して、当館はその責任を負いません。

当施設の責任

3 第11条

1.当施設の宿泊に関する責任は、宿泊者が当施設のフロントにおいて宿泊の登録を行ったとき又は当施設に

入ったときのいずれか早い時期に始まり、宿泊客が出発したとき又は出発日の10時のいずれか早い時に

終わります。

2.当施設の責に帰すべき理由により、宿泊客に客室の提供ができなくなったときは天災その他の理由に

より困難な場合を除き、出来る限り同一の条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。

宿泊客の責任

第12条

 宿泊客の故意または過失により当施設の諸設備、諸物品に傷や異物を付けたり、当施の許可なく他の場所へ

移動させる等、現状を変更または当施設外に持ち出すなどの損害を被った場合、当該宿泊客は当館に対しそ

の損害を賠償していただきます。

フロント寄託物の取り扱い

第13条

 フロントでは物品をお預かりできません。金銭その他貴重品は宿泊者の自己責任にて管理していただきます

。減失または毀損等の損害について、当施設は一切責任を負いません。

忘れものの取り扱い

第14条

 宿泊者がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物または携帯品が当施設内に置き忘れられていた場合、法

令に基づいて当施設が相当と考える措置をとる事とします。当該手荷物または携帯品の所有者が明確に判明

した時は、当施設はその裁量に基づき、所有者に連絡するとともにその指示を求めることが出来る。但し義

務ではないものとします。

インターネット環境

第15条

 当施設の無線LANについては、サービス提供の一部として実施しておりインターネット環境を100%

保障するものではありません。

駐車場

第16条

 当施設には駐車場はございません。公共交通手段をご利用いただきおいでください。

本契約の変更

第17条

 この約款に定めのない事項及び営業を行う上で必要であると判断した場合には、事前に予告なく内容を変更

する

ことがあります。

個人情報

第18条

1.当施設に宿泊のご登録を頂いた個人情報は、第三者への開示、譲渡、販売を行うことは一切ありません

但し、例外として以下の場合を除きます。

   (1)お客様ご本人が、開示について事前に同意いただいた場合。

   (2)法令及び管轄官公庁により開示が求められた場合。

 2.当施設をご利用時にご登録いただいた電子メールアドレスは、当施設の任意の時にお客様ご本人へ広告

お知らせを行うことができます。

4 ハウスルール

当施設では、お客様に安全かつ快適にご利用いただくために、京都市の条例に基づき利用規則

(ハウスルール)を定めております。この規則をお守りいただけない場合には、当施設のご利用を

お断り申し上げますので、予めご了承下さい。

■音

近隣に迷惑にならぬよう、騒音(大声・放歌・喧騒な行為・近隣の家の写真を撮る・インターホンを鳴らす等

)にはご注意いただき、午後10時~午前7時までの時間はお静かにお過ごしください。 入浴・洗濯機の利

用時間は、午前6時~午後11時です。午後10時以降のチェックインや午前7時前のチェックアウトの時には

、スーツケース等を

引く音が迷惑となりますのでタクシーをご利用下さい。

■ゴミ捨て

ゴミは設置されているゴミ箱に捨ててください。当施設内ではゴミの分別の必要はありません。

※京都市ではゴミ捨てには規則があり、公共の場所に設置されているゴミ箱は、ゴミの種類により3つに

分別しています。 皆様が気持ちよく京都の街をお過ごしいただけるよう、ご協力をお願いいたします

    ①一般ゴミ  ②プラスチック  ③缶・瓶

■タバコ

当施設は喫煙者の方は宿泊できません。室内、ベランダ、玄関外もすべて禁煙です。付近一帯にも喫煙所はご

ざいません。

■持ち込みできないもの

ペットとの宿泊はできません。

発火または引火しやすい物・火薬・発揮油類、危険性のある製品、悪臭を発する物、その他法令で所持を禁じら

れて

いる物等の持ち込みはできません。

■トイレ

トイレットペーパーはトイレに流し、その他のものはトイレ内のゴミ箱に捨ててください。特にティシュペー

パー、プラスチックやトイレのパイプを詰まらせたり、損傷の恐れのある物を流さないでください

■調理

調理中は台所の換気扇を使用してください。調理の際には備え付けの道具、食器等をご自由にお使いいただけ

ます。使用したものは、洗浄後全て元の場所に戻してください。持ち込みされた食べ物は、チェックアウト時

にすべて持ち出すか、ゴミ箱に捨ててください。

キッチン以外の場所(寝室・玄関外・ベランダ等)での料理・たき火・バーベキューなどをしないでください

■鍵

5 安全の為、外出時・在宅中にかかわらず必ず玄関扉及び窓の鍵を施錠してください。当施設は宿泊者の貴重品

等所有物の損失や傷害に一切の責任を負いません。

フロント及び部屋の掃除等の為、当施設のスタッフが出入り致します。

■その他

外出の際はエアコンと電気を消して節電にご協力ください。

駐車場はございませんので、公共の乗り物をご利用ください。

附則 本規則は平成29年4月1日より施行します。

以上